loading

ルーツは三軒茶屋? 話題のトリオ=D.A.N.の魅力を紐解くインタビュー

pause

ルーツは三軒茶屋? 話題のトリオ=D.A.N.の魅力を紐解くインタビュー

"ジャパニーズ・ミニマル・メロウ"を標榜するハイブリッドなサウンドで話題沸騰中のトリオ=D.A.N.。結成から1年足らずで<フジ・ロック・フェスティバル>のRookie A Go Goに出演し、10月に渋谷・WWWで開催されたリリース・パーティー<POOL>も満員御礼と、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らに話を聞いた。

インタビューが行われたのは、メンバー共通のアジトだと語る桜木大悟(Gt,Vo,Syn)の部屋。バンド結成の経緯から目指す音楽性のことはもちろん、影響を受けたアーティストとしてウォーペイントやザ・ブックス、そして細野晴臣の名前を挙げるなど、ミュージシャンである以前にリスナーとしての優れたセンスがあるからこそ、彼らの鳴らすサウンドは耳の肥えた音楽ファンをも唸らせるのだろう。

映像の後半では、バンドのホームグラウンドと呼べる三軒茶屋にある、メンバー行きつけの中華料理屋と古着屋も登場。「自然体で心地よいものが好き」「渋谷は複雑すぎる」――そう述べる3人の飾らない素顔と温度感が、D.A.N.の魅力とも言えるのかもしれない。

D.A.N. オフィシャルサイト

渋谷よりも三茶が好き。ハイブリッドなサウンドで話題沸騰中の3人組D.A.N.の素顔と温度感に迫る