loading

<下北沢インディーファンクラブ>の熱狂を記録したダイジェスト映像!(vol.1)

pause

<下北沢インディーファンクラブ>の熱狂を記録したダイジェスト映像!(vol.1)

シルバーウィークのド真ん中となった9月21日と22日、東京・下北沢のライヴハウスやカフェ全15ヶ所が舞台となるサーキットイベント<下北沢インディーファンクラブ(以下、SIFC)>が開催され、大盛況のうちに幕を下ろした。

2年ぶりの開催となった今年は、2日間にスケールアップして総勢約180組ものアーティスト/バンドが大集結。SPACE SHOWER NEWSのクルーは両日にわたって現地に潜入し、その表舞台と裏舞台を余すことなく記録、ここに2本のダイジェスト映像が完成した。Vol.1では曽我部恵一、オシリペンペンズ、YOUR SONG IS GOOD、そしてシャムキャッツといった連中が熱いパフォーマンスでフロアを沸騰させる様子が、いっぽうvol.2では、主催者のひとり角張渉(KAKUBARHYTHM)が昨年の休止から復活に至った背景や、このイベントに込めた想いを語っている。

出演者の貴重なオフ・ショットはもちろん、「メンツに関係なく毎年来てる」と豪語する女性客をはじめ、街中を駆けまわるオーディエンスの生の声もキャッチ。2日目のSHELTERでトリを務めたGELLERSは、舞台袖にいたミュージシャンたちを全員ステージに上げてビートルズのカヴァーを披露するなど、<SIFC>の歴史の1ページに刻まれるであろう盛り上がりを見せていた。

これらは<SIFC>のほんの一面に過ぎないが、現場に居合わせた幸運な音楽ファンは、ぜひあの日の感動をプレイバックしてみてほしい。

下北沢インディーファンクラブ

2日間にスケールアップして復活を遂げた、<下北沢インディーファンクラブ>の感動をプレイバック!