loading

大器の予感!?不思議な語感を持つバンド、LILI LIMITの素顔に迫る

pause

大器の予感!?不思議な語感を持つバンド、LILI LIMITの素顔に迫る

<Shimokitazawa SOUND CRUISING>を筆頭とするフェスに次々と出演を果たし、デンマークの至宝ミュー(Mew)の来日公演ではオープニング・アクトに抜擢されるなど、着実にファン・ベースを広げつつある若手バンドが、2012年に山口県で結成されたLILI LIMIT(リリ リミット)だ。

7月にリリースされた1stミニ・アルバム『Etudes』も好評の彼らに、SPACE SHOWER NEWSのクルーが突撃。不思議な語感を持つバンド名の由来から、現在のメンバー/音楽性に至るまでの変遷、『Etudes』の真っ白なアルバム・ジャケットに込められた想い、さらにフロントマン=牧野純平(Vo)の兄がアートディレクションを務めたという"at good mountain"のMVについても語ってもらった。

2014年に拠点を東京へ移してからは、「自分たちのエゴを出すよりも、お客さんのことを中心に考えるようになった」とは土器大洋(G)の言葉。船を使った大規模な凱旋ライヴが野望だと述べるLILI LIMIT、デビュー・アルバムが完成する頃にはきっと、数千・数万単位のオーディエンスを相手にしていることだろう。

LILI LIMIT オフィシャルサイト

ミニ・アルバム『Etudes』が好評のLILI LIMITに、バンド名の由来や変遷、話題のMVについ...