loading

97年生まれの早熟SSW、シンリズムが語るその生い立ちと今後の目標

pause

97年生まれの早熟SSW、シンリズムが語るその生い立ちと今後の目標

高校生時代にネットにアップした音源で話題を集めた早熟のシンガーソングライターであり、様々な楽器を操るマルチインストゥルメンタリストでもあるシンリズム。

今年5月にデビュー・アルバム『NEW RHYTHM』をリリースするや否や、7月には東名阪+福岡を回る初のワンマンツアー<シンリズム1st TOUR NEW RHYTHM>を敢行、そして「レコードの日」に7inchアナログでリリースした「Music Life」がキュレーションマガジン『antenna* [アンテナ] 』のテレビCMソングに決定するなど、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気アーティストだ。

そんな彼が、自らの音楽的ルーツから「Music Life」の歌詞、MVのアイデアや元ネタ、さらにアナログ盤への強いこだわりをSPACE SHOWER NEWSに語ってくれた。自身を取り巻く環境の変化を冷静に分析し、建設的な将来の目標を口にする姿はどこまでもクレバーで頼もしい。今後はワンマンツアーに引き続き、高野勲、小松シゲル(NONA REEVES)、藤井謙二(The Birthday)ら強力なバンド・メンバーを引き連れ、<FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY>などの大型イベントへの出演を予定している。

2016年にはいよいよ高校を卒業、より一層本格的に音楽活動へ打ち込むであろうシンリズムの活躍から目が離せない!

Text by Takazumi Hosaka

シンリズム オフィシャルサイト

その若さとは裏腹に、偉大なる先達への愛情と懐の深さを感じさせる彼のサウンドの秘密に迫る!